小学生肥満解消

小学生のための肥満解消法

小学生のための肥満解消法

夏も終わり食欲の秋が迫ってきています。そんな時期にくると嫌と言っていいほど話題になるのがダイエットですよね。年頃の子になると痩せたいという気持ちが強い反面、おいしいものも食べたいという欲がでてしまい自己規制が難しくなると思います。しかし、最近では活発に遊ぶ小学生の間で肥満がとても問題となっています。そんな小学生の肥満についてみていきましょう。

 

小学生が肥満?
小学生だと嫌でも体育の授業があったりと肥満になりにくいとお考えの方が多いと思います。しかし、最近では文部科学省の調査によりますと、ここ30年の間で肥満傾向の子供は
2〜3倍に増えており男の子の場合、小学生〜高校生にかけて10人に1人が肥満であるという結果となっています。では、小学生の場合どこからが肥満なのでしょうか。

 

小学生の肥満はどこから?
では小学生の平均的な体重と身長を1年生と6年生で見ていきましょう。

 

小学1年生の場合
【女子】身長 115.0p 体重 20.8s
【男子】身長 117.6p 体重 22.4s

 

小学6年生の場合
【女子】身長 146.0p 体重 38.5s
【男子】身長 143.6p 体重 37.8s

 

ここで気づいたことは小学生の場合女の子の方が成長するということですね。

 

では小学生の肥満の基準を見ていきましょう

 

大人の場合BMIを基準に考えますが小学生の時は基本的にローレル指数というものをみます。ローレル指数って懐かしい響きですよね!子供どうしでいくつ?など聞いていた思い出がありますが、このローレル指数が160以上だと肥満ということになるそうです。そしてローレル指数が145〜太りぎみとなりますので、145を超えた時点で少しお子さんの体型を気にしてあげてください。

 

最近では身体測定など行った場合に記入用紙にローレル指数が書かれていることがあります。
ではその計算方法を見ていきましょう

【ローレル指数=体重÷身長3×10?】
【ローレル指数=(体重×身長×身長)×10000000】

 

です。最後の0は7つあります!
1度計算してみてください!

 

肥満を解消しよう

 

ではお子さんが肥満かもしれないと思っている方に解消方法をご説明いたします。
主に2つあります。

 

1つ目は、食生活を見直すことです。

 

小学生の1日に必要な摂取カロリーは女の子が約2000?で男の子が2200?となっています。小学校の給食はだいたい600?となっています。そのため家での食事、間食のカロリーを約1500?の食事にしてあげることを心がけてください。しかし、いちいちカロリーを調べては大変ですよね。基本的にはお野菜中心の食事で炭水化物メインの料理を控えてあげてください。例えばパスタやラーメンといった高カロリーな食事ではなくお肉が入った野菜炒めや低カロリーの鶏のささ身を塩コショウで焼いてあげるなど・・・。

 

では2つ目は、運動をすることです。

 

基本的に脂肪を燃焼させるためには有酸素運動が大切です。しかし、小学生のお子さんが自らジョギングをする!なんてことはあまりないことですよね。そこで苦しい運動ではなく楽しくできる運動、縄跳びや鬼ごっこ、ボールを使った遊びをすることです。これならお子さんも楽しんで運動ができとても有効的だと思います。

 

いかがでしたか?成長期のお子さんだと運動をしなくなるといきなり太るということはよくある話なので気を付けて見守ってあげてください!
そして肥満解消を実践することによりお子さん自身も忍耐力などとてもいい刺激になると思いますので前向きに頑張りましょう!!

ホーム RSS購読 サイトマップ